海外生活には欠かせない、日本の便利グッズ4選。

海外に移住し生活してみて分かったのが、日本で当たり前のように使っていたものがすごくすごく便利だということ。
海外で売っている商品もいいんですが、日本のクオリティには及ばないなあ…と思うことがよくあります。
そんなわけで今回は、海外移住してみてわかった、日本の便利グッズを紹介していきたいと思います。
これから海外で長期滞在しようと思っている人、海外に移り住もうとしている人はぜひ参考にしてください。

歯ブラシ

まず思い浮かぶのが、この歯ブラシ。歯ブラシは絶対に日本製がいいです。
というのも、海外の歯ブラシは大きすぎることが多いから。
「なんでこんなに大きいの!?」「こんなの磨けない!」というように、日本人が普段から使っているサイズとはかなり違っています。

海外で歯医者に行くと高額だったり、そもそも歯医者に行くのが不安だったりしますよね。
自分に合わない歯ブラシを使って虫歯になるのは避けたいので、歯ブラシは日本製のものを持っていくのがおすすめです。
日本製の商品を扱っているスーパーを現地で探してみるのもいいですね。

文房具

日本の文房具のレベルは、世界的に見てトップクラスです。
外国人の友達が、日本製のクオリティの高さに驚くこともしばしば。

さらさら書けるボールペンも、きれいに消せる消しゴムも、ペン先が引っかからないメモ帳も。
ふだん何気なく使っているものだからこそ、その品質の違いはあまり意識したことがないかもしれませんね。

海外で長期間滞在する人は、ふだん使っているお気に入りの文房具を持っていったほうがいいかもしれません。

炊飯器

日本人なら、やっぱり海外にいてもお米が食べたくなるもの。
そんなお米を美味しく炊けるのは、やっぱり日本製の炊飯器です。

海外でいつも日本産の米が手に入るわけではありませんが、日本製の炊飯器を使えば、外国産のお米でもけっこう美味しく炊けるんです。
食生活を豊かにするためにも、炊飯器は日本のものを使いましょう。

食品用ラップ

日本にいては気づかないですが、日本製の食品用ラップはすごく品質がいいんです。
というのも、海外のラップは熱に弱かったり、密閉力もないことが多いから。
また日本のラップは切れ味がよくて、海外の人たちは刃のついた外箱だけでもほしいんだとか。
海外で暮らして料理をするなら、ラップは使う頻度もすごく多いと思います。
そんなときに困ることのないように、日本製のものを使うのがいいですよ。

まとめ

今回は、海外で暮らしてみてわかった、日本の便利グッズを紹介してみました。
どれも日本では何気なく使っているものばかりです。
海外で過ごす予定のある方は、ぜひ参考にしてみてください。